自宅で簡単にできる、絨毯クリーニングとは

絨毯やカーペットといった、普段みんなが使用するものは、思った以上に掃除をするのが大変です。掃除機をかけるだけでは、目に見えるゴミを取れるだけで、実は奥に入り込んでいるダニなどを取る事は出来ないのです。ですが、自宅でも簡単に、まるで絨毯クリーニングをかけているような掃除をする事が出来るのをご存知ですか。特に、毛足の長いタイプの絨毯ですと、どうしても掃除機ではゴミを取りきれません。そういった時は、たわしを上手に利用しましょう。かるく絨毯を擦る事によって、絨毯の奥に入り込んだほこりや髪の毛といったゴミを浮かせることが出来ますので、簡単にゴミを取る事が出来るのです。その後に、掃除機をかけることによって、何時もの掃除よりも、はるかに絨毯を綺麗にする事が出来ます。ですが、あまりたわしで擦りすぎますと、かえって傷つけてしまう可能性がありますので、注意が必要ですよ。


絨毯クリーニングについて。

絨毯クリーニングというものを聞いた事がありますか?一般家庭で使っている絨毯をクリーニングしてもらえるサービスです。普通の掃除では掃除しきれない汚れなどを掃除してもらえます。今回はその手順について説明したいと思います。これは例なので他の企業とは少し違うかもしれませんが。まず、絨毯を預かりカルテの作成を行います。メンテナンス箇所や見積もりを作成します。話し合いの後は作業を開始します。専門技術者により、一枚一枚手洗いします。房は一本一本、専門の技術者が漂白します。次にシャーリングという行程に移ります。絨毯の表面の痛んだ毛先をカットし表面を滑らかにします。その後防虫加工などを施し持ち主にお返しします。これが絨毯クリーニングの手順になります。知っておいても使えないかもしれませんが、こういう仕事も存在するんですよ。


絨毯クリーニングの必要性

絨毯は、1年中敷きっぱなしにしていますので、ゴミやほこりはもちろんのことシミがついてしまいます。掃除機で専用モードにしても、ゴミやほこりはなかなかとれませんし、ダニの原因にもなり、健康にもよくありません。また、シミがついたらそう簡単にはとることができません。そうなると、最終的には絨毯クリーニングに出すしかありません。絨毯はそれなりに大きく、厚みもありますし、そこそこ重さがありますので、持って行くのも大変です。最近は、集配サービスもありますので、便利になっています。クリーニングに出すと、オプションで防ダニ加工をしてくれたり、破れや傷の補修もやってくれます。絨毯の場合、上にソファを置いたりしますので、重さであとがついたり、日焼けしてしまいます。きちんとクリーニングをしてメンテをしていけば、長く使えます。

admin

コメントを送信する

あなたのメールアドレスは公開されません。

*